top of page
検索
  • マークホームブログ 運営チーム

今更聞けない、エコキュートとは?



こんにちは!

マークホームです!

今回は節約や安全性からオール電化の人気は高まる一方で、それに合わせてエコキュートにも注目が集まっています。 そこで今回はエコキュートとはどんなものなのか、ガス給湯器とは何が違うのかなどについてご紹介していきます!


〈エコキュートとは?〉

エコキュートの正式名称は「自然冷媒ヒートポンプ給湯機」といいます。

簡単に説明すると、空気の熱を利用してお湯を沸かす家庭用給湯システムのことです。 節約でいうと安い夜間電力を使用して効率良くお湯を沸かすので、省エネで使用していただけます。

後ほど説明しますが、ガス給湯器よりもランニングコストを抑えられるので、近年注目されており、買い替えを検討する人も増えているようです。


〈エコキュートの特徴と仕組み〉

エコキュート1番の特徴は「空気の熱を使ってお湯をつくる」ことです!

では、どのようにしてお湯を作っているかと言うとエコキュートは大きく「ヒートポンプ」と「貯湯タンク」の2つで構成されています。

「ヒートポンプ」とは簡単に言うと熱をつくり出す機械、「貯湯タンク」とは沸かした湯を貯めておくタンクのことです。 具体的には、以下のような手順で貯湯タンクに沸かしたお湯を貯めていきます。

①ファンを回転させて空気の熱を汲み上げる。ユニット内の冷媒(二酸化炭素)を温める。 ②温められた冷媒をコンプレッサーで圧縮することで約90℃の高温にする。 ③高温になった冷媒を、水加熱用熱交換器を介してタンク内の水を温める。 ④冷媒を膨張弁にかけて膨張させ低温にすることで熱を吸収しやすくする。

⑤タンク内の高温のお湯に水を混ぜてお風呂や台所、洗面などに給湯される。


〈エコキュートとガス給湯器の違い〉

エコキュートとガス給湯器の違いは、お湯をつくる燃料と仕組みです。 先ほど説明した通り、エコキュートは少量の電力と空気の熱を使ってお湯をつくります。

一方でなガス給湯器は、ガスによって配管を熱くしてその中に水を通すことでお湯をつくります。 安全性といった部分では火災の恐れがあるガス給湯器に対して、エコキュートは火を使わないので安心して使用できます。

利便性で言うとガス給湯器はいつでも好きなだけお湯が使えるのに対して、エコキュートでは貯めたお湯を使うので、考えながら使えばほとんどなくなることはありませんが、ガス給湯器のようにいくらでも使えるわけではありません。

節約やエコと言う部分ではガス給湯器はお湯を沸かすために燃料のガスのほか、給湯器自体を動かす電気も必要で、さらに運転中には給湯器本体から高温の排気があります。

エコで環境にやさしいとはいえないのが、エコキュートとの大きな違いともいえるでしょう。

いかがでしたでしょうか!

今回はエコキュートについてとガス給湯器との違いなどについてお話しさせていただきました!

マークホームではエコキュート取り入れのお手伝いもしておりますので、お気軽にご連絡ください!



マークホームブログ 運営チーム

最新記事

すべて表示

年賀状廃止のお知らせ

お客様、お取引先 各位 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 この度、弊社におきましては、「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進ならびに脱炭素社会の実現への取り組みの一環として、全てのお客様、お取引先様に対し年賀状によるご挨拶を控えさせていただくことといたしました。 誠に勝手ではございますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 今後とも変わらぬご厚情を賜りますよう何卒よろし

コメント


bottom of page