top of page
検索
  • マークホームブログ 運営チーム

エコキュートのメリット・デメリットを解説!



こんにちは!

マークホームです!

今回はエコキュートのメリットとデメリットに関してお話ししていこうと思います!


〈エコキュートのメリットとは?〉

①光熱費が安くなる エコキュートの最大のメリットは、光熱費が安くなることです。

ガスよりも割安な夜間電力と空気を使用してお湯を沸かすので、電気代を抑えることができ、月々の光熱費の節約につながります。

②地球にやさしい エコキュートは、空気を利用した大気中の熱と少量の電気を使ってお湯をつくります。

これによって大幅に二酸化炭素の排出量も低減でき、地球温暖化防止にもつながります。

③災害時でも安心 最近大型地震やゲリラ豪雨、大型台風など自然災害が増えてきています。

これによって電気や水道が止まってしまった場合、エコキュートがあれば貯湯タンク内にお湯が貯まっていれば、備え付けの非常用水栓からお湯や水を取り出すことができます。 また、災害時のライフラインの復旧は、ガスより電気の方が早いといわれています。なので電気でお湯を沸かすエコキュートの方が安心ともいえるでしょう。


〈エコキュートのデメリットとは〉

①初期費用が高い エコキュートは月々の光熱費は安くなるのですが、ガス給湯器などと比べると初期費用が高くなってしまいます。 具体的にはガス給湯器の初期費用は20万円程度ですが、エコキュートは機種や設置条件にもよりますが、70~120万円程度となっています。

※当社調べ


②ガス給湯器よりも広い設置場所が必要 エコキュートは、ヒートポンプユニットと貯湯タンクの2つを屋外に平置きで設置します。

そのため、省スペースで壁掛け設置ができるガス給湯器よりも、広いスペースが必要です。

しかし、最近ではかなり薄型のエコキュートも多く普及していますので、今まで置き場がないからと、エコキュートの設置を諦めていたという方でも、導入できる可能性があるのでチェックしてみてくださいね。


③お湯切れの心配 「冷え込みによってお風呂を1日3回沸かした」

「来客や家族の帰省などで、いつも以上にお湯を使った」

こんな時にタンク内のお湯がなくなってしまうことがあります。

ガス給湯器では常に使うタイミングで沸かすのでエコキュートだからこそ起こるデメリットといえます。

ですが家族構成や生活パターンをしっかり把握して、最適な機種とお湯の量を選んでおけば、よほどのことがない限りこのお湯切れは防ぐことができます。


いかがでしたでしょうか!

今回はエコキュートのメリットデメリットについてお話しさせていただきました!

マークホームではエコキュート取り入れのお手伝いもしておりますので、お気軽にご連絡ください!



マークホームブログ 運営チーム

最新記事

すべて表示

年賀状廃止のお知らせ

お客様、お取引先 各位 平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。 この度、弊社におきましては、「SDGs(持続可能な開発目標)」の推進ならびに脱炭素社会の実現への取り組みの一環として、全てのお客様、お取引先様に対し年賀状によるご挨拶を控えさせていただくことといたしました。 誠に勝手ではございますが、何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。 今後とも変わらぬご厚情を賜りますよう何卒よろし

Commentaires


bottom of page